NEWS :
日本初公開!ヨーロッパ屈指のアートコレクション
「ザ・コレクション・ヴィンタートゥール」展

チューリヒ郊外にあるヴィンタートゥールは、印象派に始まる新しい芸術の誕生と時を同じくして、産業が華開き、富を得た資産家たちが競うように多くの美術品を集めた文化都市で、世界的に名高いオスカー・ラインハルトのコレクションをはじめ、質の高い美術館がそろっています。なかでも、個人コレクター所蔵の作品の大半が寄贈・委託されているヴィンタートゥール美術館は、ヨーロッパ屈指のアートコレクションを誇っています。

ヴィンタートゥール美術館の歴史は古く、美術協会が1848年に設立され、美術家、美術愛好家の寄附により少しずつコレクションを形成し、1916年には美術館が開館しました。20世紀に入り、それまで地元やスイス国内の美術家の作品が中心であったコレクションは、有力なパトロンたちの寄贈でフランスをはじめヨーロッパの近代美術を網羅するようになりました。さらに、20世紀後半からアメリカの現代美術に収集の規模を広げ、より充実した内容に拡大しています。

そんな知る人ぞ知る名コレクションが、このたび、2009年から着工された美術館の大規模改修工事を機に、初めてスイス国外でまとまった形で公開されることとなりました。昨年、ヨーロッパ3都市で大きな反響を呼んだその展示品に加え、日本展では、さらに新たに作品を選出して、モネ、ルノワール、ファン・ゴッホ、ボナールからピカソ、クレー、ジャコメッティ、モランディまで、すべて日本初公開となる90点がそろった展示会が実現しました。現在、開催されている宇都宮美術館を皮切りに、東京の世田谷美術館、神戸の兵庫県立美術館、長崎の長崎県美術館と巡回していきます。今まで日本で見ることがなかった、有名な巨匠たちの作品の数々を一同に堪能できる絶好のチャンスです。ぜひお近くの会場にお立ち寄りください。



「ザ・コレクション・ヴィンタートゥール」展
◎栃木・宇都宮美術館
会期:2010年6月13日(日)〜7月25日(日)
※毎週月曜・休館(祝日の場合は開館・翌日休館)

◎東京・世田谷美術館
会期 :2010年8月7日(土)〜10月11日(月・祝)
※毎週月曜・休館(祝日の場合は開館・翌日休館)

◎神戸・兵庫県立美術館
会期:2010年10月21日(木)〜12月26日(日)
※毎週月曜・休館

◎長崎・長崎県美術館
会期:2011年1月21日(金)〜3月27日(日)
※1/24、2/14、2/28、3/14休館

★詳しい情報は公式サイトでご確認ください。

     
関連地域マップ
「ザ・コレクション・ヴィンタートゥール」展覧会公式サイト
ヴィンタートゥール美術館の情報
ヴィンタートゥールの情報