NEWS :
世界初となるオープンデッキ付き2階建てロープウェイが
中央スイスのシュタンザーホルンに新登場します!

ルツェルン湖の南に位置する標高約1900mのシュタンザーホルン Stanserhorn山頂へ結ぶロープウェイが世界初の革新的なロープウェイに生まれ変わります。

上階がオープンデッキになっている2階建てキャビン。スイスはもちろん各国のロープウェイを手がけているガラヴェンタGaraventa社が極秘で開発していた最新のロープウェイです。

オープンカーでおなじみの「カブリオレ」と「ケーブル」をもじってつけられた『カブリオCabriO®』と命名。従来のように1つのケーブルにつり下げるのではなく、上層と下層の間を2つのケーブルで挟み込むように支えて結びます。ガラス張りで開放感あふれる下層のキャビンが60名、風が心地よい上層デッキが30名で定員は全90名。上下階は小さな階段で行き来ができるようになっています。

そもそも、この路線はシュタンザーホルン山頂につくられたホテルまでの長い距離を3区間のケーブルカー(フニクラ)にわけて1892年から1893年にかけて敷設されたもので、1970年の大嵐でホテルと最後の区間が壊滅的な打撃をうけ、最後の2区間のケーブルカーの代わりに1975年からロープウェイとして開通したもの。このたび、世界で最も新しいロープウェイに生まれ変わりますが、麓の町のシュタンスからケルティKältiまでの最長区間1556mは、100年以上の伝統を誇る歴史的なケーブルカーで運行します。山頂まで、レトロとモダンの両方の旅をお楽しみいただけるのも魅力です。

5月には公式記念切手も発行され、早くも話題となっている『カブリオ』の開通は6月29日の予定。ルツェルンやピラトゥスとも近いシュタンザーホルンへ、次回のスイス旅行の際には立ち寄ってみてはいかがでしょう。

     
関連地域マップ
中央スイス地方
Stanserhorn-Bahn
シュタンスの情報